30歳 男性 反復性うつ病性障害 偏頭痛

病気になった経緯

短大卒業後、製品開発職として会社に入社しましたが
入社後、2交代24時間稼働により、1日12時間勤務が続き
開発プロジェクトを終了したあと燃え尽き、拒食気味になり、
入社当時80kgあったのが60kgになっており
就業中、嘔吐するようになり、うつ病と診断され休職しました。

約半年後復職し、1年間程勤務していたが
自身が開発に関わった製品が外部のトラブルにより頓挫、
問題が発生したことの虚しさ、やるせなさを感じ、ストレス過多になり
うつ病が悪化し再度休職しました。

その後、別部署に移動して復職
職場の人間関係でのトラブルが発生し
派遣社員から仕事に支障をきたすレベルで嫌がらせを受けました。
再度うつ病が悪化し休職しました。

その後、もう一度部署移動し復職をしましたが
意欲が沸かず、この会社で働く意義を見出せず退職しました。

病気の症状

初期の症状としては
拒食症、嘔吐、激しい頭痛(偏頭痛)、不眠がありました。

頭痛系の相性が合う薬を見つかるまでに5年以上かかりました。
副作用で脱力感、脱水感があり仕事にならなかったです。

睡眠導入剤を飲んでいるが、耐性がついてしまったのか
薬の効果による眠気があまりおとずれなくなってしまいました。

現在の症状と生活

現在の症状としては
不眠、頭痛、無気力があります。
入浴等が億劫に感じています。

現在の生活として、
就職活動中ではありますが、現在無職です。

早朝覚醒の症状により睡眠時間が短いため
午前中はボーっとしています。
食生活も偏っており、ほぼインスタント食品を食べています。

古い小説やなろう小説(インターネット小説)を読んで時間を潰してます。
元気がある時は、ゲームやプラモデル作り、Discordでの通話をしています。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA